笑顔の大切さを感じ始めるこの頃

私はちょっと前まで、仕事やプライベートの忙しさのあまり、ずっと不機嫌でした。

そのせいで、些細なことでイライラしたり、趣味をやっても楽しくない事も多かったです。

だから、もっと「お金があれば!」とか「もっと違う仕事に就いたなら!」と、不満を抱いていました。

そもそもはお金が欲しいから仕事をして、今の仕事も自分で選んだはずです。

それでも嫌なことはたくさんあるし、気が付いたら、どうやり過ごすかばかりを考えていました。

そんな風に過ごしていると、「このままだと全然楽しくない…」と思うようになっていきました。

そんな時に、ある本を読んでいたらこんなことが書かれていました。

「幸せとは、どんな出来事にも、明るく反応できる習慣だ」と。

私はそれを見て、かなり考えさせられました。

よく考えてみれば、私がイライラする原因は職場の環境や、他人のせいにしていることが多かったんです。

なので、私の場合は「どんな出来事にも、暗く反応している習慣」だったのです。

つまり、自分のイライラは、周りの人たちのせいではなく、「自分が反応して作り出しているもの」だったのかもしれないのです。

では、どうすれば「明るく反応ができる」ようになるのでしょうか?

その答えは「笑顔」にありました。

実は人間は、楽しいから笑顔になるのもそうですが、笑顔になると実際に楽しく感じるというのです。

確かに私は、笑顔ではなく、無愛想な顔ばかりしていたと思いました。

だからきっと、周りの出来事も面白く感じなかったのかもしれません。

それから笑顔を心がけてみると、なんとなく気が楽になったような感じがしました。

イライラは多少あるものの、少しずつ余裕も持てるようになってきたのです。

なので、私は、以前よりはずっと笑えるようになりました。

さらに、笑顔は人に伝わるし、気分も何となく明るくなります。

今では無愛想だったころよりも、良くなったと感じています。

人は変えるのは難しいですが、自分は簡単なことで変えられることを実感する今日この頃です。

Continue Reading

羨ましくて魅力的な都市、東京

やはり、東京というのは憧れる年の一つだ。他に憧れる都市といえば京都なんかもその辺りだが、北陸に住んでいる身としては身近な東京の方が憧れ、羨ましいという感情が強くなる。

テレビで取り上げられるお店の大抵は東京だし、ゲームやアニメのイベントが開かれるのも東京だ。ツアーだって東京から出発のものが一番多いし、どこかに公共機関を使っていくとしても東京ほど便利なところはない。一つの電車を逃したとしても30分も待つ必要はないのだ。

とはいえ、東京に住みたいかといえば半々なところだ。お店は多いし、交通の便もよいが、人が多くてゆったり歩くことが難しそうだ。東京に住んでいる人ははや歩きと聞いたことがあるが、今まで地方でゆったり歩いてきた身としては人とぶつからないか不安である。それに満員電車に乗って出勤はしたくはない。

それを差し置いても東京が隣接しているのは魅力的な年なのは確かだが。特に本が好きなので神保町はひどく好ましい。もしも東京にすむのならば神保町のすぐ近くに住みたいと思うほどである。何回か行ったことはあるものの、広くて回りきれないし、平日にしか開いていないお店には行けたことはない。他にも浅草や銀座も何度も回りたいなと思う。

もう少し早く、安く行ける手段があればなぁと思うのだ。宝くじでも当たれば何度も訪れることができるのだが。

Continue Reading

シルバーサロンジーバーに出向いて

私の町内は業者が一山造成したところです。

大分安く仕入れたとかの噂です。

その後何拾回に分けて売りだしたとか。

私が買ったのが土地だけ売った最後の敷地です。

その後が建売になりました。

私も移ってきたのは40歳前でした。

その後もう35年以上経ちました。

そのころ買った人はもう皆後期高齢者くらいでしょう。

その後も10数棟づつ売っていましたので、若い人も交じっています。

しかし約半分の住民はもう高齢者になっています。

そのころ一緒に買ったお医者さんがいました。

ここの土地は非常に大きかったですね。

お医者さんか弁護士さん等が買わられるのだろうと。

やはり、お医者さんでした。

そこのお医者さんはやり手で、あっちこっちに病院や老人ホームを開いていました。

もうお医者さんというより、事業家ですね。

私も先生と一緒にゴルフ会でプレーをしました。

その後何年かして、先生は亡くなりました。

今では早い方だと思います。

その後は娘さんが継ぎました。やはりお医者さんです。

そこの家を任された老人ホームの人が責任者になって、地域のお年寄りのサロンを作ろうと。

もう皆さん十分働いてきたのですから、ここで昔話でもとの考え方です。

地域の親睦を図るのが大先生の夢だったと。

そこで1週間に1回、午前の部と午後の部を作りました。

散歩のついでにも寄ってくださいと。

私も定年になり、特別これはということもなくなりました。

町内会のいくつかの会には入っています。

やはりだんだん人と話すことも少なくなりましたね。

そこで今度出来たシルバーサロンに顔を出してみました。

同じようなお歳の人が数人集まっていました。

4月は試みなので、お茶代は無料だと。

5月からは1回100円にするとか。

ここは1回約2時間です。三々五々集まってきて差しさわりのいない話をして親睦を図るのだと。

私も人恋しい年頃になりました。

行くと知り合いも数人います。

まあ1週間に1回、おしゃべりをするのもいいものだと思っています。

Continue Reading

女子力を磨きたい。どうすればいい?

みなさんこんにちわ。

いかがお過ごしでしょうか?

私は女子力を高めることにこだわっていますが、なかなか向上しません。

ですので、女子力の高い人の特徴をいくつかあげてみます。

※お料理が上手い。

※言葉が丁寧。

※上品。

※女性としてのたしなみを心得ている。

※性格が良い。

「女子力を高める」努力をする人が増えている中で、以外にも努力する方向を間違えている人も多そうです。

必要以上に「盛る」ことや「派手で目立つ」事ではなく、何気ない生活の中で丁寧に事柄をこなすことで女子力は高められそうです。

もちろん、女子力を高めるには答えがないので、どの程度まで何をすればよいのかという限度もありません。

そのような中でも女性として、魅力を高めていきたいな。と思う私がいるのですが、なかなか納得がいくようにはいかないものですね。

日々仕事から帰ってくると、どうしてもおりょうりをするということが毎日はできませんし、忙しい時はつい我が身構わずになってしまいます。

目指しているようでなかなか達成出来ません。

しかし、最近では、この「心得よう」と思うこと自体が大事なのではないか?と思うようになりました。

あんまりにも思い込みすぎても良くないのかもしれません。

ほどほどが良いですよね。

ではまた。

Continue Reading

様々な部署をみて感じたこと。

私は比較的に部署がたくさん別れている会社に務めてるのですが、いろいろな部署に顔を出さなくてはならない仕事をしています。

各部署で雰囲気がだいぶ違います。

それは、そこで働いてる人の性格が合わさったものです。

先頭に立つ人の気質によってだいぶ影響しているのでしょうね。

やはり率先して雰囲気作りをしている人がリーダーだと、話題の中心になりやすいものです。

するとみんなが集まってきて統率力が生まれます。

結果としてリーダー気質とみられて昇進しやすくなります。

雰囲気を作るという努力が、こういった形で現れやすくなります。

特に男性でしたらこの上ない喜びに繋がるのではないでしょうか。

お給料も上がりますのでそれもメリットです。

リーダーであるならは分け隔てなく、こういうふうに接してほしいものですよね。

しかし、とある部署は統率力のないリーダーがいて、そういった部署の下で働く人はかわいそうだなとも思いました。

あまりに良い噂のないリーダーです。

例えば目をかけた人だけとてもかわいがって、それ以外は邪険に扱うと言ったものです。

リーダーだからと言って、人格者なわけではないのです。

わかってはいますが抜擢する側の人格も疑ってしまいます。

色々な職場がありますね。

ではまた。

Continue Reading

メガネ、めがね、眼鏡・・・

立派なド近眼なので、補助するものがないと私は生活に支障をきたす。うちの母様も近眼だけど、眼鏡をかけると気持ち悪いとかいってずっと裸眼ですごしてきた。挙句、近頃、近眼と老眼(近視と遠視)があいまって「人生で一番見えてる。バランスがよい」といってらっしゃる。老眼の体験がないので分からないけど「ふーん。そんなもんなの」と思っていたが、どう考えてもそんなことはない、と思うの。それは、補助器具を使い続けてきたから思うのだろうか?私はコンタクトレンズを使っていて、コンタクトをはずした後、眼鏡がないと「メガネ、めがね、眼鏡・・・」って眼鏡を探す羽目になる。

昔、やすきよの漫才でやすしさんがきよしさんに投げられた眼鏡を「めがね、めがね、めがね」と探すシーンがあったけど、同じことを私もしている。今、まさにコンタクトをはずし、眼鏡が思うところになかったがゆえに「メガネ、めがね、眼鏡・・・」と散々探した挙句にいつものところから見つけ出したのだけど、周囲の色と同化してしまったりすると、見つけるのは至難の業、近視と遠視が相俟って見えるようになるとか、ないから!マジであり得ませんから。!眼鏡を探しながらふと思ったけど「見えないものは、見えません」

Continue Reading

夢占いで心の整理☆もやもやしたらチェックしてみて!!

 みなさんは毎日夢を見ますか?その夢、起きた時妙に印象に残っていたりしませんか?それは心の奥底からのあなたへのメッセージかもしれませんよ。

 私は以前から夢占いに興味があり、気になったものは即チェックしていました。

 ある時期、多忙な仕事と家族崩壊のダブルパンチに見舞われていました。そんな時よく見ていた夢が、ボロボロの家に住む夢や、電車に乗り間違えて焦る夢などです。

 ボロボロの家に住む夢は心身ともにつかれている時に、電車の夢は選択を誤ったり後悔したときに見るそうです。すごく思い当たることがありました。

 しばらく、その状態を放っておいたら、とうとうパニック障害を発症してしまいました。その時には、どうしたいのかなど自分の気持がわからなくなっていました。夢は警告してくれていたようです。

 その時から、夢占いで自分の心の声を真剣に聞いてみようと思いました。

 あれからしばらく経ちますが、夢占いのおかげで自分の気持に正直になれている気がします。心も安定しています。

 

 あなたも、もやもやして自分の気持がよくわからない時は是非夢占いを活用してみてください!只の占いと思いきや、心の健康を保つ上でもとても役立つツールとなるはずです!

Continue Reading

わが家のポンコツ車がついに故障をしてしまった。

わが家の自家用車は相当年期が入っています。買ってからすでに十数年は経っています。おまけにドァにやや大きなコスレ傷があり、見た目が非常に良くありません。また、以前仕事でも相当な距離を乗り込んでしまったもので、いつ故障してもおかしくなかったのです。それがついにエンジントラブルを起こしました。エンジンが変にやかましい異音が数日前からするようになり、気にはしましたが、そのままにしておきました。家族がこれはおかしいと指摘したため、近くのガソリンスタンドに持ち込みました。こちらが何も話さないうちに係の人はエンジントラブルですねと見抜いてました。結局、車はそのまま預かりとなりました。翌日レッカーで修理工場に運ぶとのことでした。

トラブルの原因は、ウォーターポンプの故障とのことで、交換が必要となりました。そのままだとエンジンがやられてしまうとのことで、交換に応じました。費用は5万円かかりました。一週間の後、やっと愛車は手元に帰ってきました。

愛車はポンコツとはいえ、毎週の買い出しをスーパーで行っているので、なくてはならないものです。しばらく駐車場に車がないので、変な気持ちでした。戻ってきて元の状態になりホッとしています。

Continue Reading

カーリングの日本女子代表が成績もすごいし、美人揃いでびっくり!

私は今行われている平昌オリンピックの中では男子、女子ともにカーリングを主に観戦していました。

私はカーリングについてはそれまでは競技の名前は聞いたことがある程度で詳しいことは知りませんでした。

今でも用語などわからないことも多いのですが、今回のオリンピックで奥の深い面白い競技だなと感じました。

特に日本代表の女子選手たちの活躍はすごかったです。

今大会のカーリング女子は世界ランクで上位にいるカナダやスイスが予選大会で姿を消すなどの波乱がありましたが、その展開に大きく貢献したのは日本と韓国です。

ランキングが下位でありながらこの両国が大会を引っ張ったと言ってもいいと思います。

カーリングの女子日本代表は惜しくも準決勝で敗れましたが3位決定戦に勝って初めての銅メダルという快挙でした。

そんな彼女たちの試合での活躍はテレビで見ていましたが、試合中の会話などを聞いていると何かほほえましくさえも思えるようなものでした。

「そだね」は流行語になるかもしれません。

そしてメンバー全員が見事に美人揃いなのも試合を観戦する要因でした。

日本以外の外国人選手たちはやはり日本の選手よりも体格が良かったですが、そういった意味でも今回の結果はものすごいことだと思います。

今後はカーリングの日本女子代表から目を離せなくなりそうです。

Continue Reading
1 2 3 6