クリスマスの一人でももちろん問題なし。でも・・・

今年もクリスマスが近づいています。
KDDIなどが行った調査によると、現在恋人がいない多くの人が「クリスマスに一人でも焦らない」と回答しているそうで、その割合が何と9割にも上るそうです。
もともと、クリスマスは恋人と過ごすための日でも何でもありませんが、それでも日本には「クリスマスは恋人と過ごし、ちょっとおしゃれなレストランなどに行く」という風潮がずっとあったため、「時代は変わったなあ・・・」と何故かしんみりしてしまいました。

私が若かりし頃、クリスマスイブや、クリスマス当日になると、都内のおしゃれスポットや有名レストランで楽しそうに過ごす恋人たちの様子が必ずテレビで中継されたものでした。
クリスマスイベントだからといって、過剰にお金を使うことには賛成しませんが、それでも恋人同士が楽しそうに過ごせるならばいいものじゃないか、と当時は思っていたものです。
しかし時代は変わり、女性も男性も多くの人が様々な理由で結婚しなくなったり、恋人を作らなくなりました。

こんな時代だからこそ、恋人のためのイベントとして定着したクリスマスなどどうでもよく、自分のために時間やお金を使いたいということかもしれません。
それはそれで一つの価値観ですし、尊重されるべきだと思います。そもそもクリスマスは恋人のためのイベントではありませんし。
しかし、恋人のためのイベントとしてみんなが浮かれ、街が華やかになる、あの雰囲気がやがてなくなるのかな・・・と思うと、それはそれで少し寂しい気持ちにもなったのでした。

You may also like