ハンドメイド作品を出品して感じたこと

7年ほど前から、インターネットでハンドメイド作品を出品しています。

はじめに出品したのはcreemaです。

7年前当初は出品すれば売れるといった感じでした。

こちらでは、編物で作ったコースターやシュシュなどが売れました。

次にテトテでの販売を開始しました。

こちらでは、幼児向けアイテムがよく売れました。

私が作ってよく売れたのは、フェルトで作ったおままごとセットや毛糸で編んだあみぐるみのヘアゴムです。

入園入学時期にはネームタグもよく売れます。

この他にも、併用してヤフオクでハンドメイド作品として出品しました。

こちらは、集客力が高いので、子供服の古着を出しつつ出品するとよく見てもらえ、子供向けヘアゴムや季節のオーナメントなどもよく売れました。

最低価格が低く出品できるので、当然のことながら、安くすればよく売れます。

3つで出品した結果、ヤフオクで安く出品した分が一番売れました。

全て手作りで作成していたので、数を量産できず、依頼にも応えられないこともあったのでヤフオクでの出品は断念し、

現在はcreemaとテトテのみ出品しています。

最近は、作品を作っていないため出品数が少なくあまり売れていませんがたまに売れると、「最近売れた作品」でトップ画面に出るため立て続けに売れるといった感じです。

結果、すべて手作りで出品しているかたは、相当販売金額をあげないと商売としては成り立たないということです。

私は、作るのが好きで趣味の延長線上で販売しているため販売額を安く出品しているので、梱包の袋や材料費を差し引いた売り上げ単価は、時給にして数十円といった感じだと思います。

私は、目的に応じているので納得してますが、これからハンドメイド作品を出品販売しようとしている方は、経費や販売目的等考えてみてはいかがでしょうか。

You may also like