お母さんが子供の頃はどんなだったか

娘にお母さんが子供の頃の電気はどんなだったのかと聞かれました。おばあちゃんの家にあるのと一緒で紐を引っ張って付けたり消したりするタイプだったよと教えてあげました。思えばリモコンでピッとシーリングライトを消せるのって寝る時にとても楽チンです。昔はおそらく背の低い子供用グッズだったのでしょうか、紐にさらに紐を付けて長くしていて、立たなくても布団の上に座った状態紐に手が届くようにしていました。調光があるのも寝室なんかには嬉しいですよね。でも廊下の電気も調光があったら良いのにと感じることがよくあります。

夜中に起きてトイレに行く時にもうちょっと薄暗い電気がついてくれたら眩しくなくて目も覚めなくていいのになぁと思うんです。不可能なわけじゃないけど贅沢ですよね。最近、娘の流行りなのかお母さんが子供の頃はどんなだった?とよく聞かれます。車やトイレも聞かれたんですけど考えてみればどれ程も変化していないものですね。私が小学生の時にはもうウォシュレットになりました。便座の上に乗っけるタイプです。車はキーレスが大きな変化でしょうか。幼い頃には鍵の出っ張りを抑えてからドアノブを持ち上げて締めたりしていましたから。子供が大きくなって私がおばあちゃんになる頃にはどんな世の中になっているのかなと思います。

You may also like