笑顔の大切さを感じ始めるこの頃

私はちょっと前まで、仕事やプライベートの忙しさのあまり、ずっと不機嫌でした。

そのせいで、些細なことでイライラしたり、趣味をやっても楽しくない事も多かったです。

だから、もっと「お金があれば!」とか「もっと違う仕事に就いたなら!」と、不満を抱いていました。

そもそもはお金が欲しいから仕事をして、今の仕事も自分で選んだはずです。

それでも嫌なことはたくさんあるし、気が付いたら、どうやり過ごすかばかりを考えていました。

そんな風に過ごしていると、「このままだと全然楽しくない…」と思うようになっていきました。

そんな時に、ある本を読んでいたらこんなことが書かれていました。

「幸せとは、どんな出来事にも、明るく反応できる習慣だ」と。

私はそれを見て、かなり考えさせられました。

よく考えてみれば、私がイライラする原因は職場の環境や、他人のせいにしていることが多かったんです。

なので、私の場合は「どんな出来事にも、暗く反応している習慣」だったのです。

つまり、自分のイライラは、周りの人たちのせいではなく、「自分が反応して作り出しているもの」だったのかもしれないのです。

では、どうすれば「明るく反応ができる」ようになるのでしょうか?

その答えは「笑顔」にありました。

実は人間は、楽しいから笑顔になるのもそうですが、笑顔になると実際に楽しく感じるというのです。

確かに私は、笑顔ではなく、無愛想な顔ばかりしていたと思いました。

だからきっと、周りの出来事も面白く感じなかったのかもしれません。

それから笑顔を心がけてみると、なんとなく気が楽になったような感じがしました。

イライラは多少あるものの、少しずつ余裕も持てるようになってきたのです。

なので、私は、以前よりはずっと笑えるようになりました。

さらに、笑顔は人に伝わるし、気分も何となく明るくなります。

今では無愛想だったころよりも、良くなったと感じています。

人は変えるのは難しいですが、自分は簡単なことで変えられることを実感する今日この頃です。

You may also like