メガネ、めがね、眼鏡・・・

立派なド近眼なので、補助するものがないと私は生活に支障をきたす。うちの母様も近眼だけど、眼鏡をかけると気持ち悪いとかいってずっと裸眼ですごしてきた。挙句、近頃、近眼と老眼(近視と遠視)があいまって「人生で一番見えてる。バランスがよい」といってらっしゃる。老眼の体験がないので分からないけど「ふーん。そんなもんなの」と思っていたが、どう考えてもそんなことはない、と思うの。それは、補助器具を使い続けてきたから思うのだろうか?私はコンタクトレンズを使っていて、コンタクトをはずした後、眼鏡がないと「メガネ、めがね、眼鏡・・・」って眼鏡を探す羽目になる。

昔、やすきよの漫才でやすしさんがきよしさんに投げられた眼鏡を「めがね、めがね、めがね」と探すシーンがあったけど、同じことを私もしている。今、まさにコンタクトをはずし、眼鏡が思うところになかったがゆえに「メガネ、めがね、眼鏡・・・」と散々探した挙句にいつものところから見つけ出したのだけど、周囲の色と同化してしまったりすると、見つけるのは至難の業、近視と遠視が相俟って見えるようになるとか、ないから!マジであり得ませんから。!眼鏡を探しながらふと思ったけど「見えないものは、見えません」

You may also like