穏やかな日常…愛するニャンコ日記

今日もうちの猫はのんびりしています。
トラ柄でちっちゃなヒョウという感じです。先祖はヒョウなんじゃないかというくらいだ。
甘えた声で上目遣いで見つめてしまう。
お昼は瞳が小さくなり、キリッとした顔つきでちょっと恐いように思える時もありますが、夜は黒目がちだ。
昨日は新聞でゴミ箱を作ったところ、その中に収まって丸くなっていました。新聞紙の肌触りが何より自分勝手ようです。
そうして、猫としてはめずらしくよく水を呑みたがります。どっか悪いのではないかと心配になりますがそういうわけではないようです。
たびたび人間を呼んだり待ち伏せしたり、自分のほうが偉いと思ってるのかな?ということもあるくらいだ。
毛が相当抜け易いのが困ったものですが、いまはすっかり冬毛になったので毛艶が良くなっている。
身体が軟らかいので人間が立ち入れないような隙間に加わることもあり、見かけないというと隅のほうから出てきます。どうしてこんな場所におけるのかなと不思議になります。
もうおじいさんなので猫じゃらし的ものにはあまり反応を示さなくなりました。
そのかわりどんなに触っても嫌がらずおとなしくしています。いまが一番可愛らしい盛りなのかもしれません。

You may also like