読書の趣味

私は最近電車で読書をするようになりました。

大きな本は分厚くてかさばってしまうので小さな文庫本を購入してから電車で読むようになりました。

小説やハウツー本に関する本を、ジャンルを問わず読んでいます。

以前は電車の中でスマホをいじっていましたが、本ばかり読むようになりました。

特に、古い本などを読むと情緒があってすばらしいています。

最近、本を読んでいて気づいたのですが私は本を読む速度が遅く、電車の中でそうそう一冊を読み終えることができません。

しかし、時間をかけてひとつの本を読むことができるので節約になりますね。

また本を読むことで思わぬ知識を発見をすることもあります。

本に書いてあることは、普段の生活でなかなか話題にも出てこないジャンルのものが多く、勉強になります。

例えば生物学に関する本をなんかは、普通に過ごしていたら話題にも出てこない知識を得ることできたり、非常に面白いものです。

電車に乗っている時だけ本を読んでいたのですが、最近は面白い本に出合うとなかなか手を離せず、一日中本を読んでいることもあります。

待ち合わせをしていても手放せない時もあり、待ち合わせの場所に友達が来るギリギリまで本を読んでいます。

今特にはまっているのは小説と歴史に関する本です。

好きなジャンルの本ができると、どうしても同じような本ばかり読んでしまいますが「本は雑食ががいい」という言葉がある通り、私は様々なジャンルの本を選んで手に取るようにしています。

また古本屋巡りなどは素晴らしい本に出会えるチャンスがありとてもワクワクしますね。

そういう意味で、本を読むことを趣味にしたのは私の生活に彩りを与えとても素晴らしいものにしてくれました。

You may also like